すでに八戸のセフレは限界に近づいています

それでも、キンカンの花が咲いた後の楽しい八戸のセフレです。
キンカンの花が咲きました

1995年の阪神・淡路大震災でアルバイトをしていた農協の女性同僚から贈られたキンカンの苗木。育て方がわからなかったので、

やっぱり八戸でセフレと出会いたい!使える情報を探してみた

 

鉢に植えて水をやると、幹は高さ80cm、直径約4cmになり、すでに育ちの限界に近づいています。バルコニー。

毎年春になると、新鮮な若い葉や枝が生え、アゲハチョウが飛んで待っているかのように産卵し、葉を食べながら蛹になります。

育て方は勉強せず、八戸のセフレをやっただけなので、長く使いませんでした。数年前、私は土壌の栄養について考え始めました、そしてそれはついに実を結びました。

しかし、昨年、枝や葉に突然白い綿のような物質が出始め、葉にも黒い染みができ、砂糖をまぶしたようにべたつくようになりました。調べてみると「うどんこ病」という病気のようでした。ネットで八戸のセフレを調べて、ホームセンターで殺菌性殺虫剤を購入してスプレーしても、十分ではありません。私は思い切って、すべての粘着性の葉と枝を切りました。

そしてこの頃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です