セフレは青森では帽子をかぶる

セフレはフェティッシュについてです
子供は帽子フェチです、
自分の帽子をかぶる人向け
セフレは言う。

私は臭いフェチ尻フェチ剛毛フェチです
(ただし、ミスターベイのみ)

青森でセフレ

丸い胸毛はTシャツから始まります
蚊の死体が胸毛に突き出ている
絡まっています。
蚊は胸のジャングルに侵入しようとしました
私は彼の背景に達することなく疲れていた。

私はそれを見ました
「また死んだ。」
女性の蚊を削除します。

セフレの出身地
わからないようにつながっている
男を食べたい

ベイさん、毛むくじゃらの男はほとんどいない
ベイ氏の植毛計画
“わたしは、あなたを愛しています”
私は先生です。
私は笑っていました
なぜ突然消えるのですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です